白河未来研究室とは、白河の次世代を担う子供達の為に解放されたスペースです。子供たちに最高の時間、体験を提供したいと考えています。

子供達に日本一楽しい放課後を!

「認定NPO法人キッズドア基金2020学習支援スタートアップ助成事業」

白河未来研究室ってどんなところ?

「日本一楽しい放課後を!」を合い言葉に、無料で解放された子ども向けスペースです。本当にわかりやすく言うと「子どもたちの居場所・ITを通じた学習支援」の場所です。
白河未来研究室は健やかで楽しく過ごせる場所。新しい体験をしてもらうことで、これからの時代を生きる力を育みます。

たとえば、小学校でプログラミングの授業が始まると聞いて不安ではありませんか?
けれど、自由な環境さえあれば、子どもたちは楽しんで学んでいけます。
子どもが自分で成長できる、いろいろな設備がありますよ!

白河未来研究室にあるもの

・ドローン、ロボット、マイクロビット、ノートパソコン、タブレット、ニンテンドースイッチ、ゲーミングPC、55インチモニタ、スマートスピーカー、スマート家電(照明)、Youtube配信設備、黒板、アクションカメラ、ナーフ、スマートロック、マインクラフト、ライブカメラ、動画編集ソフト、アクションカメラなど

これらの機器、設備が何の制約も受けず無料で利用できます。心配しないでください!壊してもOKです(笑)そのくらいが元気があって良いのでは無いでしょうか。

何でも挑戦しよう!いっぱい失敗しよう!そして笑おう!

なぜ無料なの?

「将来、テクノロジーに強い人材が地元に育てばいいな」という未来のための投資です。
他事業も行っている場所ですが、放課後は子どもたちに無料開放!
運営者のNPO法人NEXTしらかわは事業家の集団。次世代を担う子どもたちのため、この活動を支援してくださる企業様、サポーターと共に無償で頑張ります!

何をするところなんですか?

私たちは、次世代を担う人材を育成するため、無料のプログラミング体験教室を月1回開催しています。今も継続中です。けれどもそこで、お困りの声をたくさんいただきました。
「参加したいけれど、親子の都合がつかない」
「毎回場所が変わるので行けない」
「もっと参加したいのに、回数が少ない」
「もっとやりたい!自由にパソコンを使いたい!プログラムじゃないことも知りたい!」

そこで私たちは、より多くの子に機会を作りたいと考え、白河未来研究室プロジェクトを発足させました。そして今回、様々な設備を揃えたのには理由があります。

「家にパソコンはあるが、壊されたら困るので触らせない」
「お金がないからゲーム機を買ってやれなくて、友達と話が合わなくてかわいそう」
「自分がわからないので子供に教えられない」
こんな声を聞いたからです。テクノロジーに触れたい気持ちがあっても、大人の事情で道を閉ざされてしまう子どももいるのです。
「どの子にもチャンスがあっていいはず!」
私たちNEXTしらかわは、子どもたちが活動を制限されず、自由な発想で好きなだけ遊べる体験スペースを作ることが、その答えだと考えています。

いつオープンしますか?

新型コロナウィルスの影響によりオープン日は未定となっております。オープン日が決まり次第、SNS等で告知いたします。

ギャラリー

アクセス

白河市北堀切30-2 アヴァンツァート新白河105

理事長からひと言

このプロジェクトをわかりやすくご案内することができたでしょうか?
ご理解いただくのが難しい活動だとは理解しております。利用料金がないことが不安とも言われます。どうせゲームしかやらない、というご意見もいただきます。

けれど、ゲームをやることでクリエイターとしての精神が育つことを、私たちは知っています。Youtube配信をしてみたい!というのも同様です。動画を編集できれば、将来映像関係の仕事を目指すこともできます。

何かを楽しむことは、夢を育てること。夢を持つことが、誠実な大人になるためのパワーとなるはずです。

私たちは短期的に「学校のプログラミングの授業について行けるように」という企画をしているわけではありません。次世代の白河市を担う「ヒト」を育てるという長期的な視野で活動しています。多額の資金をつぎ込んでまでプロジェクトを立ち上げたのは、ただ一言「次世代のため」です。白河は私のふるさとです。ふるさとのために、身銭を切るのにためらうことがあるでしょうか?

子どもたちに「白河っていいところだよ」と言ってもらうために、そして大人になったときに「白河に住みたい」と言ってもらえるように、楽しい場所を作りたいと思っています。

ご両親の見学ももちろん自由です。どうぞ、お気軽に遊びに来てください。